収益物件のメリット・ローリスクミドルリターンで長期間の安定収入

収益の出る物件を手に入れるために

収益物件の購入を考える際は、「収益を得る」という目的に合った物件を選ぶ必要があります。その重要なポイントはいくつか挙げられますが、「収益性」と「立地」、そして「将来性」の3点が、収益物件選びにおいて最優先すべきポイントとなります。
 
  • 物件の収益性を見る
収益物件を選ぶ際に重要なポイント。まずは「収益性」です。収益を出すためには、その物件が長期にわたり収益を出すことができるかどうかを考慮する必要があります。大きな目で物件を見る必要がありますが、今後の収益を支えてくれそうな設備を備えていることや、メンテナンスが行き届いているかなども考えてみましょう。
 
  • 物件の立地
収益物件を選ぶ際に重要なポイント。2点目は「立地」です。定期的な収入を得るための不動産にとって、立地は非常に重要です。周辺の環境、日当たりの状況などを総合的に考慮して、部屋やテナントを探している人が「入居したい」と思うかどうかを考慮しなければなりません。
 
鉄道の駅から物件までの距離
学校や病院など公共施設の有無
 
など、物件だけではなく、周辺環境を自分の足で回り、実際に見て感じることが重要です。
 
  • 物件の将来性
収益物件を選ぶ際に重要なポイント。3点目は「将来性」です。購入予定の物件近辺での都市計画情報は、かならずチェックしましょう。電車の新路線開通予定、区画整理などの影響を受ける物件は、建て替えする際の保証金が設定されていたり、税制面で優遇されていたりと、有利な条件となっていることがあります。
 

空室が出ない物件とは

長期にわたる安定した収益を得ることが目標の収益物件では、空室を出さないことが大切です。これまでにご紹介した「収益の出る物件の選び方」に倣って物件を吟味することで、空室になりにくい物件を探せますが、もう少しわかりやすくまとめてみましょう。
 
空室が出ない物件は、やはり良い立地にあります。最寄りの鉄道駅からは徒歩圏内。できれば徒歩10分以内が理想でしょう。複数の路線が利用できる駅であれば、さらに良い条件となります。単身者や若い人向けの住居であれば、スーパーやコンビニ、食堂などがそろう商店街の存在は大きなプラスとなります。家族連れ向けの物件の場合は、学校や病院、役所などの公共施設、また、公園の存在もプラスとなるでしょう。
 

収益物件の利回りについて

収益物件は、投資をして利益を出すことが目的の物件です。投資する物件の利回りは、投資先選びにおいてとても重要な要素です。
 
既に触れたように、収益物件から利益を出すためには、借入金、その他のランニングコストや税金を、家賃収入が上回ることが絶対条件となります。高利回りの物件は、基本的に価格が安いという特徴があります。これは価格そのものが安いということでは無く、物件の設備、周辺環境などのあらゆる要素を考慮して、相対的に値段が安いということを意味します。
 

収益物件を探す

収益性の高い物件を探す場合、インターネットの不動産ポータルサイトもありますが、情報の更新頻度が遅いことが欠点です。収益物件に強い不動産エージェントは、インターネットでも探すことができますので、収益物件探しの第一歩として、まず収益物件に強い不動産エージェントを探してみてはいかがでしょうか?