収益物件のメリット・ローリスクミドルリターンで長期間の安定収入

収益物件のメリットとは

収益物件を手に入れると、収入、保険が利用できるなど、いくつかのメリットがあります。
 
  • 収益物件のメリット・安定収入
収益物件を手に入れることで、毎月、定期的な家賃収入があります。この家賃収入は、ひじょうに安定した収入です。入居者がいる限りは、この家賃収入が見込めます。不動産投資のメリットの中でも、安定収入は大きな魅力だと言えるでしょう。また、収益物件の場合、空室が出た場合でも、複数の部屋から家賃を徴収しているため、収入が無くなってしまうことがありません。
 
株式投資やFXの場合、大きな収益を生むこともありますが、安定して収益を生むことはなかなか難しいのが実情です。収益物件を購入する場合もリスクが無いわけではありません。しかし、大都市圏で安定した人口を持つエリアであれば、長期にわたり安定的な収入を得ることができます。株式投資やFXのようなハイリスク・ハイリターンの投資とはタイプの異なる、安定志向の投資が収益物件への投資ということになるでしょう。
 
  • 収益物件のメリット・レバレッジ投資が可能
「レバレッジ」という言葉は、投資をしたことのある方なら、どこかで聞いたことがあるのではないでしょうか?「レバレッジ」は、投資において、自己資金を超えるお金を運用可能なシステムです。「レバレッジ」は「てこの原理」のことで、FXではおなじみの言葉です。
 
一定額の頭金を借り入れすれば、自己資金を超える物件でも購入することができる。これが不動産投資における「レバレッジ」です。もちろん、借り入れた頭金を返済しながら不動産を運用していくわけですが、借入金、固定資産税や管理費といった出費を、家賃収入がある程度上回れば、収入になります。
 
  • 収益物件のメリット・節税効果
収益物件を手に入れることにより節税できる場合があります。土地が「貸家建付地」に設定されている場合は、固定資産税、都市計画税、相続税の税額が大幅に減免されます。また、所得税、住民税に関しても減額されます。
 
  • 収益物件のメリット・生命保険として使える
不動産物件を購入する際に、銀行などの金融機関から資金調達すると、「団体信用生命保険」に加入することになります。これは、支払い不能などの事態に備えるための保険で、たとえば加入者が病気などで亡くなってしまった場合、残金の返済を肩代わりしてくれるものです。生命保険代わりになりますので現金化することもできますが、高齢や持病などのために加入できない場合があるのは、生命保険と同様です。
 
  • 収益物件のメリット・インフレに強い
インフレーション(インフレ)は、通貨の価値が下がることで、物価が上昇する現象のことです。不動産は基本的にインフレに強いとされる資産ですが、特に収益物件の場合、レバレッジ投資をするため、インフレ時に借入金の価値も下がるというメリットもあります。
 
  • 収益物件のメリット・どこにいても投資可能
収益物件への投資は、他の投資同様、どこからでも投資することができます。不動産ではありますが、管理会社に委託管理してもらうことでカバーすることができます。